周辺情報

木彫りの里 井波

 
 
富山県西部に位置する南砺市は、昔から木彫り彫刻が盛んな場所で、
現在でも“木彫りの里 井波”と呼ばれている地です。
 
この地の有名な木彫り彫刻といえば、獅子の子落とし!
 
2004年に再建されたものの、風雨にさらされ老朽化し2018年に
修復されたことでも、記憶に新しいのではないでしょうか?
 
今回は、獅子の子落としのすぐそばにある瑞泉寺にお邪魔し
本堂や宝物子を装飾する木彫りの彫刻達を、たっぷりと堪能してきました。
 
参道にあたる部分は、彫刻に使う道具であるのみの音が常に響いていて
肩の力が自然と抜けるというか、心地よい空間が広がっていました。
 
瑞泉寺は案内看板もすべてが木彫りで統一されており、
中でも私が驚いたのは今回の添付写真の消火器看板。
これも木彫りとは驚きでした。
 
  
  

年末年始の休業日のお知らせ(冬季休業日:2019/12/28~2020/1/4)

 
栄和不動産(株)では、以下の期間を冬季の店舗休業日とさせていただきます。
 
  
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申しあげます。
 
 
 
  冬季休業日 : 2019年12月28日 (土)12時 ~  2020年1月4日(土)
 
 
 
2020年1月5日(日)より、通常営業(AM10時~)

子どもは風の子…すぎる話

 
12月ともなると、晴れた日でもそんなに気温が上がらずに
肌寒さを感じることもしばしば。
 
娘を公園へ連れていくと、いつまでも娘は楽しそうにしていますが
どうしても親の方が先に寒さにダウンして
「そろそろおうちに帰ろうか?」と言ってしまいます。
 
愚図る娘を何とかなだめながら家へ帰り、
それでもまだ外に出ていたい娘に負けて、
結局庭にテントを出した時の1枚が本日の添付写真です。
 
  
 
冷蔵庫に入っていた肉まんをサッと温めて、
温かい飲み物を水筒に入れて私も一緒にテントにごろり。
 
娘は温かいスープを飲んだら暑くなったのか、アウターも脱ぎ捨てていました…。
子どもは風の子とは言いますが、まさかここまでとは。
 
「そろそろ年賀状を書き始めなくては」と思い始めて早一週間。
皆さんは順調に進んでいますか?
 
2019年は12月25日までに投函された年賀状が、1日に届けてもらえる対象となるようです。
なるべく早く投函して、1月1日おそくても3日までには届くように頑張りましょう!
 
 

12月 今年も最終月に突入

 
やっと、クリスマス飾りの準備をしました。
といっても、我が家のクリスマス飾りはとてもシンプル。
 
 
 
写真にうつる雑貨達を出窓に飾ったら終了です。
 
去年から目をつけていたタペストリーツリーがあったのですが、
「そろそろ買おうかな」と思ったら、なんと軒並み売り切れ…!
 
一般的なツリーと比べて、収納場所もとらないし
小さい子がいてもツリー飾りを取られることなく安全と思っていたけど、
やはり皆さん良いなと思うものは同じでしたね…。来年に期待!
 
 
11月30日に神奈川県を走る相鉄線が、ついにJRとの直通運転を開始。
 
今までは横浜で乗り換える必要があった経路も、
乗り換えなしでより速く行けるようになり、利便性が大幅に向上しました。
 
相鉄・JR直通線2.7kmのうち、延長1.4kmのトンネルは、
巨大なシールドマシンによって堀削を行う工法を取り入れ
都市部トンネルにおける初めての新技術を採用したトンネルです。
 
駅舎・電車・駅員さんの制服もガラリと変わったようなので、要チェックです! 
 
 

長野県にある国宝 松本城

 
 
長野県にある国宝 松本城を見学してきました。
 
 
 
 
天守の建物を残す城は12城しかなく、
その中でも五重の天守は松本城と姫路城の2城のみ。
 
松本城は、
漆喰の白と漆塗りの黒のコントラストが格好良いだけでなく、
壮大な借景である北アルプスの山々も、城に強さを与えていました。
 
 
外観は五重の松本城ですが、
実は屋根裏部屋のようなところがあるために内部は六階層。
 
 
これだけの高さを有する木造建築ですので、
一~三階までの下の階には、建物を支える多くの柱が乱立しています。
 
 
また偶数階ごとまでの三本の通し柱があるのも特徴ですね。
 
 
これから松本城へ行かれる方、是非この辺りをチェックしてみてください♪
 
 

入居までの流れガイド
ご相談
賃貸住宅のお部屋探しを楽しくラクに!気になる「順序」と「コツ」教えちゃいます。
ご見学・お申し込み
お部屋を見てからお申込み。
新しい生活のための「見学ポイント」教えちゃいます。
ご契約
お引越まであと一歩!
引越しをスムーズにする「契約準備」教えちゃいます。
お引越し
お引越は体力勝負!?
引っ越しの「手順」と「手続き」をまとめました。

ページトップ