部屋ぴた!ブログ

2018-02-15

ケーキバイキングでバレンタイン

 
2月のイベントといえば、そうバレンタインです!
 
甘党やチョコレート好きにはたまらないこの季節。
 
デパートの地下街などは、甘い香りに包まれていますね♪
 
学生時代の淡いバレンタインの思い出に、心をはせてみたり。笑
 
 
大抵毎年、家族へのチョコレートを私が手作りするのですが
今年は子どもの希望もあって、家族でケーキバイキングへ行ってきました。
 
我が家は家族全員が甘党だし、私は作らず済んだのでラッキー★
ケーキバイキングって、洋物だけでなく和物もあるんですね。
 
 
  
甘い物に飽きたら口直しできるようにと、
ケーキやパスタ・スープ類も充実していて驚きました。
 
ジンジャースープが絶品で何杯もお代わりしてしまいました!
味を覚えてきたので、再現できるよう家でトライするつもりです。
 
バレンタインは過ぎてしまったけれど、いつでもチョコレート受付中!
 
いまは、男性が女性へ送るのも主流になりつつあるとか!?
私宛へのチョコレート、年中無休でお待ちしております。笑
 
 
 

2018-02-09

住み継ぐ≒住み継がざるをえない

 
 

住宅の解体工事を行う現場の写真です。
解体した後は、同世帯主の住宅が新築される予定。
 
 
都内で雪が降るほどにまで冷え込んだ日、
職人さんたちが寒空の下で
屋根を剥がす作業をしておられました。
 
 
建築は、
世界一大きなハンドメイド品ですからね。
夏の暑い日も冬の寒い日も、
外で働く職人さんに感謝感謝です。
 
 
 
建築基準法の改正であったり、劣化・耐震強度の不安であったりと、
思い入れのある 住宅を建て替える 理由はさまざまです。
 
家族で住み継いでいくために、建て替える場合もありますよね。
 
相続税の問題や、新しく土地を入手することを考えると、
住み継ぐ≒住み継がざるをえない という状況もあります。
 
 
地域によっては、土地は狭くとも戸建てをもてるだけ良い場合も。
戸建ての広さ・所有率は、地域格差がドンドンと増しています。
 
 
2020年の東京オリンピックを控え、地価の変動も著しい昨今。
土地を探している方は、地価の動向・最新の情報を常に得て賢いお買い物を!
 
 
 

2018-02-03

都心部に植物・生物の住みやすい空間を

 
皆さんビオトープってご存知ですか?
 
ビオトープとは、人の手によってつくられた
植物・生物の住みやすい空間のことで、日本では主に小さな人工池を指します。
語源はギリシャ語の、bio(命)+topos(場所)からきています。
 
 
 
写真は、自宅の近くで見つけたビオトープ。
ここには6種類の植物が植えられ、約10種の生物が生活しているそうです。
 
最近では都心部のオフィスビルの脇に、ビオトープを設け
緑豊かな空間を得ようとする企業が増えているようです。良い動きですね**
 
ビオトープが街中にポツンとあるだけではなく、
ビオトープに住む生物たちがあちこちのビオトープへ移動して暮らせるような
ビオトープネットワークを生むことができれば、
都心部でも生活できる生き物がぐっと増えるはずです。
 
そんな都心を見られる日が、1日も早く訪れると良いですね。
2020年の東京オリンピックまでに、どれだけ都心の生物が増えるか見ものです。
 
2020年の東京が、今より緑豊かで暮らしやすい場所になっているように
個人でもできることを探したいなと思います。
 
 

入居までの流れガイド
ご相談
賃貸住宅のお部屋探しを楽しくラクに!気になる「順序」と「コツ」教えちゃいます。
ご見学・お申し込み
お部屋を見てからお申込み。
新しい生活のための「見学ポイント」教えちゃいます。
ご契約
お引越まであと一歩!
引越しをスムーズにする「契約準備」教えちゃいます。
お引越し
お引越は体力勝負!?
引っ越しの「手順」と「手続き」をまとめました。

ページトップ