部屋ぴた!ブログ

2014-06-08

クワの実

クワの実が熟して木にいっぱいなっています。
 

 
クワの木は、日本の温暖な気候、関東の里山では先駆的に茂ってくる木のひとつです。
 
コナラやクヌギの雑木林の足元をみてみると、コナラの幼木に混じって、クワの木の実生(種から芽生えたもの)がそこここにみられます。
 
なぜかというと、鳥が一役かっていて、クワの実を食べた鳥が、あたりで落とし物(フン)をして、その中の種から芽が出てくるからです。
 
ですが、その木が大きく成長できるかというとそうではなく、日当りの問題などで淘汰されてゆくわけですが。
 
成長の早いクワの木はたくましいなと思います。
 
美味しいクワの実を楽しみに待っているのは、もちろん人だけではないですね。
 

2014-06-03

新大久保での韓国料理

新大久保近くに用事があったので、寄ってみることにしました。
 
大勢の韓流ファンの女の子たちで賑わう街になっていて、びっくりしました。
 
美味しい韓国料理が食べたいと繁華街を歩いていましたが、半ば疲れて、入店。
 
キムパ(キムパプ)という韓国海苔巻きと、豚バラ肉の甘辛炒めを注文しました。
 

先付けに、キムチとナムルが出てきました。
 
辛いものはあまり得意ではないのですが、せっかくなので、辛いものをと注文した炒めものは、あまりの真っ赤な色合いにびっくり。
 
食べてみると、そんなに辛さを感じませんでしたが、翌日、翌々日は大変でした。。
 
キムパは、日本の海苔巻きとそっくりでした。調べてみると、キムパは日本の海苔巻きに由来しているそうで、酢飯の変わりに、ごま油を使っているのだそうです。
 
街も、料理も、本格的な外国料理を食べた実感とその楽しさは更にUP!。

大久保は小旅行気分になれる魅力的な町でした。

2014-05-28

ソラマメとスナップエンドウ


 
今、畑ではお豆類が元気です。
 
写真は白い花が咲くスナップエンドウです。
 
ちなみにソラマメの花は紫色です(品種によります)。
 
暖かくなって、一斉に花が咲き始めました。
 
きれいだなあとまじまじと眺めている花です。
 
はじめて豆類を植えているのですが、スナップエンドウの方が実つきが良いようです。
 
ソラマメの方は、咲いた花すべてが莢になるわけではないようです。
 
花が咲き、あっという間に実ったスナップエンドウを先日収穫し、美味しく食べました。
 
畑で自分で育て、様子をみてきたからというのもあって幸せな気分でした。
 
ソラマメは花がだいたい終わった頃なので、これからどんな成長をするのかを見てゆくのが楽しみです。
 

2014-05-21

野ウサギのフン


写真のものはなんだと思いますか?
 
丸くてコロコロしたノウサギのフンです。
 
山のなかを歩いていてみつけました。
 
2月の雪が降ったあと、山でノウサギの足跡をみつけました。
 
特徴のある足跡なので、すぐに分かりますが、その姿をみることはなかなか出来ません。
 
そんななか、今回みつけたノウサギのフン。
 
その近くにも近くに、たくさんみつけることができたので活発にこの場所にいるのだろうと想像します。
 
なかなか森のなかでは鳥以外の動物に合うことは稀です。
 
足跡やふんで、その存在を知ることが多いです。
 
夜行性というわけではないですが、人の気配があるところに姿をみせることはありません。
 
青梅の山にウサギちゃんがいるのだと思うとなんだか嬉しくなりました。
 
いつか、野うさぎに・・・・会いたいです。

2014-05-16

じゃがいもの芽が出た


 
他の畑と比べると、遅いかもしれませんが、植え付けたじゃがいもから芽が出て来ました。
 
近頃は、ぐっと春らしくなり、夏のような陽気の日もあるなかで、野菜も元気に育っています。
 
自然農の耕さない畑なので、まわりの草も一斉に生えてきていますが、適度に刈り込み周りに刈草を敷いて、マルチにしています。
 
刈草や落ち葉、藁などで、土をみせない、土を覆うようにするようにしています。
 
そうすることで、草が生えてくるのをふせぐのと同時に、その敷いた草が、のちに栄養となって、やわらかい肥えた土を形成して、人が耕さずとも、ふかふかの土になってゆくのです。
 
年々、やわらかい土ができているので、今年のじゃがいもはまずます順調のようです。
 

2014-05-12

わら馬づくり

わらを使った手仕事を縄綯いや正月飾りだけでなく身につけたくて、わら馬つくりを習いました。

今年は、馬年ですし、ちょうどいいですね。
 
わらの穂先も、丁寧に選別して使うので、本当に無駄がないなあと思います。
 
正月飾りを作るときもそうですが、まず材料を丁寧に選別して準備することにいちばん手間ひまがかかります。
 
手順通りに作り終えて、参加者の出来上がったものをみると、大きさや馬の体型が様々でした。
 
力の入れ具合や、バランスで個性が出ます。
 
おしえてもらった1回では身に付かないので、家でも作ってみようと思います。
 
手仕事は、本当に身につくまでに何度も実際に作っていくことが大事だということを実感します。
 
自分なりのコツを掴んで、マスターしたいです。
 
わら数本でできる、昔の人の知恵は素晴らしい。
 
次は、別のわらうま(笑う馬)でも作ってみようかな~(笑)
 

2014-05-05

折り紙

子どもと遊ぶあそびは、今となってはいっぱい選択肢があり、テレビゲームなどが主流なのかもしれません。

そんななかで、昔ながらのあそび、お手玉や折り紙などの良さが子どもあそびのなかで見直されています。

私は特に折り紙が好きです。

紙一枚で広がる世界、手先を動かすことにもなって、子どもにも大人にも良し、です。

海外に旅行に行った先で、折り紙の鶴をあげたら、とても喜んでもらえたのを思い出します。

折り紙は、大人向けの究極の折り紙などもあり、興味津々の世界観です。

折り紙は、アートですね。

写真は、折り紙のランドセルです。新一年生の子どもにプレゼントしたら、とても喜んでくれました。季節毎の折り方もたくさんあります。

日本の良き文化、折り紙。大切にしてゆきたいあそびですね。

おすすめの折り紙サイト「おりがみくらぶ」

http://www.origami-club.com

2014-04-27

穀物コーヒー


長く愛飲しているのが穀物コーヒーです。
 
穀物コーヒーは、その名のとおり原料はコーヒ豆ではなく穀物です。
 
大麦やライ麦などその商品によって違いますが、煎った穀物を原料としています。
 
どんぐりやチコリをブレンドしているものもあるようです。
 
ノンカフェインなので、胃に負担をかけることなく、妊娠中、授乳中の女性でも安心して飲むことができます。
 
味は、コーヒーと比べれば苦みは少ないですが、緑茶や紅茶のように日常に飲む飲料として、クセのない味で、飽きがきません。
 
自然食料品店で、多く取り扱われていると思います。
 
穀物コーヒーとして、何品か商品が出ていますが、いろいろ飲み比べて、私のおすすめは写真にあるインカです。
 

2014-04-17

みそづくり


今年はじめて本格的に味噌を仕込みました。
 
大豆と麹、塩というシンプルな材料で味噌はつくられます。
 
今回は国産大豆と、乾燥麹を使いました。生麹が品切れだったので、乾燥麹にしました。
 
麦が入ったお味噌が好きなので、玄米麹と麦麹を混ぜて使いました。
 
大豆と麹はほぼ同じ量を使います。思ったより麹が多く使う印象です。
 
以前、味噌を作ったときに、ねかせている間にカビがでてしまったので、味噌を樽詰めしたあとに、表面に塩を振り、ラップで密閉しました。
 
材料を良いもので揃えると材料費もそこそこかかりますが、はたして味はどうなるでしょうか。
 
大豆と麹の割合などで味わいが変わってくる味噌。手前味噌の味が今からたのしみです。
 

2014-04-12

いい香りの葉っぱ


春のはしりは、沈丁花の香り。その時々の季節を感じる香りもステキですが、森を歩いている時に常緑樹の葉っぱの香りを楽しむのも好きです。
 
常緑樹はほぼ一年中、緑色の葉っぱがあり楽しむことができます。
 
お気に入りの葉っぱは、ヤブニッケイ、クスノキです。
 
歩いて疲れているときに、清涼感のある香りの葉っぱを嗅ぐと元気になります。
 
家には、シキミ(樒)があります。今いちばんのお気に入りの葉っぱの香りです。
 
樒は、日本特有の香木で「悪しき実」という語源もあり、有毒なのですが、とてもよい香りがします。
 
調べてみると、葉を乾燥して抹香を作ったりもされているそうで、なるほど昔から神聖なものとして扱われてきたのだろうと思います。抹香作り、やってみたいなあと思いました。

入居までの流れガイド
ご相談
賃貸住宅のお部屋探しを楽しくラクに!気になる「順序」と「コツ」教えちゃいます。
ご見学・お申し込み
お部屋を見てからお申込み。
新しい生活のための「見学ポイント」教えちゃいます。
ご契約
お引越まであと一歩!
引越しをスムーズにする「契約準備」教えちゃいます。
お引越し
お引越は体力勝負!?
引っ越しの「手順」と「手続き」をまとめました。

ページトップ